ヤフオク 植物出品 (2016年1月31日)

どうも栽培男です。


本日、ウチで育ててる植物を何品かヤフオクに出品させて頂きます。


ピペルsp セランゴール産

ピペルとは胡椒の仲間です。

見て頂いた通り、濃い緑の葉にピンクのラメが入り非常に美しい植物です。

育成環境は水槽の中で加湿して育てており湿度は90%程度で育成中です。

どんどん上に伸びて行きますので、途中でカットする事で用意に増やす事が可能です。

下葉が若干枯れているのはご了承お願い致します。


アグラオネマsp

以前、友人に頂いたアグラオネマの増殖株ですので詳細なデータは不明となっております。

育成環境は一応水槽内で、湿度70%程度で管理しておりますが、常湿でも十分育てる事が可能です。

成長も早く初心者向けのアグラオネマです。


アップで見ると艶のある葉で、緑と黄緑のコントラストが非常に美しいアグラオネマです。


ハオルチア ベヌスタ

原種のハオルチアで、いろいろな交配種の素となるハオルチアです。

透明窓もとても美しく、さらに窓に産毛が生えているのが非常に特徴的な種類です。

意外に原種は出回らないので是非この機会にどうでしょうw



H. cooperi var.pilifera MG3841.43

こちらも原種のハオルチアです。

varとは変種名を指す用語なので、これはクーペリーの変種のピリフェラと言う事になりますね。

MG3841.43は採取コードです。

有名なオブツーサに似たハオルチアで真ん丸で透明窓がめちゃくちゃ綺麗な種類です。

これも親株からのカキ仔株になります。




今回紹介させて頂いた4品以外にも色々出品させて頂いておりますので、是非是非ご気軽に覗きに来て下さい。

ヤフオクIDはtama0729katsuです。

宜しくお願い致します ブログランキング・にほんブログ村へ

最近、ハオルチアLOVE

どうも栽培マンです。

最近はめっきりハオルチアにハマっておりまして。

集め初めて1年足らずで原種から交配種まで100鉢以上になってしまいました。

今日はその中の幾つかをご紹介致します。


ハオルチア・タイガーピグ

毛蟹交配のハオルチア!黒肌にくっきりした斑が入りめちゃくちゃかっこいい♪

良い感じに焼けて?紅葉して?良く見ると赤色も入って3色になっております。

斑入りのハオルチアはあまり所持してないのでお気に入りの1つです。


H globosiflora Outspam Clone2 Ex-Luigi Battista 

これは原種のハオルチアでずっと探してたのですが、なかなか出回らなくて最近やっと入手する事が出来ました。

成長が楽しみです。


H.picta monstrosa 02s-1

2015年のBB3.0で購入したピクタのモンストローサです。

モンストローサとは、モンストとか綴化(せっか)と呼ばれ、成長点が複数ある形質異常個体を指します。
成長点が複数あるのでボコボコになりながら成長していくのが特徴です。


H.livida

このめちゃくちゃ綺麗な透明窓が気に入って購入しました。

これも原種ですが、詳細なデータは付いてませんでした。って事は現地株ではなくて実生株かもしれません。

まあ、とにかくお気に入りのハオルチアです。


H.cooperi var.gordoniana JDV91/80 Engeland

これも原種で非常に窓の綺麗なハオルチアです。

因みに名前の中にあるvarってのは変種名でこの場合クーペリーの変種のゴルドニアナって事になります。

JDV91/80はJDV(採取者)が1991年の80番目に採取したと言う事らしいです。


H.bella MBB6798. Houtkloof

これも透明窓が綺麗で、横から見るとたまりません。

うちにあるイザベラと採取コードが同じなのですが、同一個体なのかな?見た目もほぼ一緒ですし。




H.雪うさぎ

これは黒砂糖交配のハオルチアです。

この黒さといい、ザラメの窓といい、草姿といい萌えポイント満載です♪

幾つか目に付いたハオルチアをご紹介させて頂きましたが、今回はこの辺で…



ブログランキング・にほんブログ村へ

oeceoclades属

どうも栽培男です。

今回は変わった蘭を紹介したいと思います。

蘭と言えば私の中で派手な花や、ジュエルオーキッドの様な煌びやかな葉を持つものが一般的だったのですが、こいつはめちゃくちゃ地味で燻し銀な奴です。


Oeceoclades spathulifera
マダガスカルの地生蘭で見ての通り渋めの葉が最高にかっこええです。

今まではジュエルオーキッドの様なキラキラしてる葉に萌えてたのですが、こうゆう燻し銀な葉もたまりません。


Oeceoclades roseovariegata
同じくOeceoclades属でマダガスカルの地生蘭です。

葉の渋さもさることながら、ぷっくりとした球根も可愛らしい奴です。

2種共詳しい育成方法は分からないのですが、冬は乾かし目で成長期は水をジャブジャブやるとの事です。

成長は遅いとの事なのでこれから末永く楽しんでいきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

アグラオネマなど

どうも栽培男です。
アグオネマといえば観葉植物としても人気のサトイモ科の植物です。
特にアグラオネマ ・ピクタムはすんごい人気ですね。
私も流行に乗り遅れまいと幾つか育てております。

Aglaonema pictum"type NIRVASH"from Pulau Nias
初めて購入したピクタムです。今でこそ値落ちしてますが、購入した時は葉っぱ2枚でもまあまあ値段がはりました。
初めて購入したと言う事もあり思い入れの深い子です。
光の当て方が悪いのか型が崩れてきているのでそろそろ仕立て直しが必要です。

Aglaonema pictum"Galaxy"DFS from Sumatra barat【AZ0912-1】



これは2015年のノマドで購入しました。購入以降順調に成長しております。
下葉も残っておりめちゃくちゃ草体もかっこ良いです。

Aglaonema pictum"Castle"from Padang【AZ1012-106】



こちらは逆に調子が全然上がってきません。
もともと根無しの状態で購入したので水槽内で加湿して養成しておりましたが、発根が確認できたので現在は常湿で管理中です。
成長は全くせずペンギンを繰り返す問題児です。

Aglaonema pictum tricolor WWR初便 WC008
これは今1番気に入ってるやつです。
新しい葉がめっちゃかっこいい感じに出てきて化けそうな予感です。

Aglaonema Rotandum
こんなのもあります。
ピンクのラインが入ってとても綺麗なロツンダムですが、今のところ成長はしてません。春に期待です。

育成環境

こんな感じで窓際で常室放置です。

北側で殆ど光が入らないので一応ライトで補ってます。

最近は寒いので水遣りは10日に1回位です。

やっぱり冬は成長が遅くなるので春が待ち遠しい今日この頃です ブログランキング・にほんブログ村へ

ベゴニア・クロロスティクタ

どうも栽培男です。

派手柄好きの私が最近ハマっているのが原種のベゴニアです。

その中でも断トツにエキゾチックな奴を紹介したいと思います。

Begonia chlorosticta (Black Form)

2015年7月に一目惚れで購入したクロロスティクタです。
これはブラックフォームとの事でしたが普通のタイプは緑みたいです。
ブラックと言うよりはレッドな感じですよね。


葉裏も赤くて最高です。

購入時からゲージ内で加湿してるので、湿度は80%前後です。たぶん…


Begonia chlorosticta (Black Form)2016.12

現在は下葉は落ちてしまいましたが、葉っぱもでかくなり、めっちゃかっこ良くなってます。
もともとミズゴケでの育成でしたが根張りも良かったので現在は用土に変更しました。
サイズがデカくなるので今後は常湿化を目指して観葉植物の様にしたいと思います。

また他のベゴニアも少しずつ紹介していきたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ヤフオクに出品します。

どうも栽培男です。

本日、何点かヤフオクに出品致しますのでその一部を載せさせて頂きます。

オエセオクラデス スパツリフェラ
マダガスカルの蘭で葉柄が非常にカッコ良いです。
2球は葉が枯れてますが生きていますので安心して下さい╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


ベゴニアsp .3 Plau Seram (LA0415-02)
写真じゃ表現できないビロード感が美しいベゴニアになります。
ほんまテラッテラです o(≧▽≦)o 

ハオルチア ドドソン紫オブツーサ
言わずと知れたオブツーサ系の人気商品です。
他にもティランジア等、計11品出品しておりますので興味を持って頂けたら是非是非ヤフオクで検索してみてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ジュエルオーキッドの育て方

どうも栽培マンです。

僕が植物に興味を持ち始めたきっかけはジュエルオーキッドと呼ばれる植物との出会いでした。

ジュエルオーキッドとはマコデス属、ドッシニア属、アネクトキルス属、グッディエラ属など葉脈が恐ろしく美しい地生ランの総称で、現在はコアな園芸店やアクアリウムショップ、Amazonなどの通販サイトでも購入できます↓


とはいえ、まだまだ売っている場所は多くはなく、らん展などのイベントやヤフオクなどではレア物が高値で取引されています!

どういった種類があるのかというと、


Dossinia marmorata

1番のお気に入りのドッシニア・マルモラータ

赤系のジュエルオーキッドで葉も大きくめっちゃカッコ良いですです。

そして何よりビロード感がたまりません(@ ̄ρ ̄@)

成長は比較的ゆっくりな感じです。









Goodyera hispida

グッディエラとは日本で言うシュスランで、こちらの種は中央に葉脈が集まっていき、成長と共に更に美しくなっていきます。

ちなみに日本のシュスランも素晴らしい個体が多いです。








Macodes sanderiana

一見マコデス・ペトラに似てますが、金の葉脈が入り、特にエッジのナミナミはこの種1番の萌えポイントです。



こんな感じで直植え、群生!

栽培環境は水槽内でミズゴケに伏せる様に置いて湿度80%程度を維持しております。

たまに霧吹きと、まれに活力剤をやるだけで、ほぼ放置で割と上手くいってます。ただ滞留水に根が触れると腐りの原因になりますので定期的に植え替え必須です。

ジュエルオーキッドは他にも色々持っているので少しづつ紹介していきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ベゴニア・フルボビローサ(Begonia fulvo- villosa)

どうも栽培マンです。

以前、アクアリウムバスで購入したベゴニア・フルボビローサの成長記録を載せたいと思います。


Begonia fulvo-villosa Papuan NewGuina(2015年10月)

購入時のベゴニア・フルボビローサです。

アクアリウムバスで白猫さんから購入したのですが葉は3枚しか無く、今見るとまだまだピンク色が薄い状態でした。

フルボビローサは環境の変化に弱く、特に暑さに弱い難種との事で、VIP待遇で栽培しておりました。


Begonia fulvo-villosa Papuan NewGuina(2015年10月)(2016年1月)

3ヶ月でかなり立派になりました。

モケモケの葉にピンクの覆輪がバチっと色付いてめちゃくちゃかっこいい(*´∀`)♪

作も上的では無いでしょうか♪



難物との事だったので一応バックアップの葉挿しをしていたのですが、何とか溶ける寸前で新芽が出てきました!

夏に失敗するかもしれないので今の内に保険をかけて、もう少し葉挿ししておこうと思います╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

Author:saibaiman
栽培マンと申します。
熱帯植物、多肉植物などを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。

Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培マン
yahooオークションID:tama0729katsu

おすすめ書籍
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター