ハオルチアの葉挿し その後

どうも栽培マンです。

前回葉挿ししたハオルチアの経過観察になります。


巨大赤線レンズオブツーサ×特大ブルーレンズオブツーサ

かなりの数仔吹いてます♪これは挿したやつ全て発芽しました。


白夢殿

ものすごいスピードで成長しておりますwこうゆう挿し方しちゃうと裏から生えてくるのが多いみたいです。


ベヌスタ

ベヌスタも元葉が枯れる前に出て来てくれました。1番大きなやつはしっかり毛も生えてベヌスタらしい表現が出始めてます。


玉扇錦

ちょこっと頭だけ出て来ました。斑が入るといいのですが…



去年挿したシルバーレインとグリーンウッディはかなりデカくなりました。

元葉は腐ってきたので全て外しております。


ドドソンオブツーサ

まあ順調!

オブツーサ系は葉挿しすると仔吹くのも早く成功率が高い気がします。

逆にスプレンデンス、ピクタ、コレクタなどは同じ時期に挿したのですが今のところ出て来る兆しがありません。

引き続き、経過観察していきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチアの胴切り初体験!

どうも栽培マンです。

最近初めてハオルチアの胴切りにチャレンジしたので、手順を載せたいと思います。

胴切りとは簡単に説明すると株を上下に切り分ける事で成長点を潰し、切断面から新しく仔株を吹かせる方法で、斑が消えてしまった個体や逆に斑が廻り過ぎた個体を作り直すのに有効な手法です。

ハオルチア・マリン

今回胴切りをしたのはこちらのマリンです。

写真で分かる通り、斑が廻り過ぎて葉緑体がほぼ無く、このままではいつか枯れてしまう状態です。

胴切りの手順はカクタス ニシさんのホームページを参考と言うか、ほぼ丸パクりしているのでぶっちゃけ詳しく見たい方はそちらを見た方が分かりやすいと思いますw

【準備する物】
・胴切りする個体
・園芸用のネームタグ(3枚)
・テグス
・ダコニール


①まずは用意した園芸用のネームタグをハサミで半分にカットします。


②次に先端の尖っているところを切り落とし、指で曲げて角度をつけます


③そしてそのタグを、上下の境目になる部分に挿していきます。

④切断にはテグスを使うのですが、先程挿したタグの部分にテグスをスライドさせてくるりと一周巻きながら中心部まで食い込ませます。


⑤後は、巻きつけたテグスを左右に引っ張ると「パスン」と綺麗に切断されます。

⑥最後に切り口にダコニールを塗ってオペ完了です。

これで、切断面から複数仔吹きしてくると思うので、少しでも斑が綺麗に入っている株が採れたら成功です。


そして、こちらは切断した上の方ですが、かろうじて葉緑素のある葉は無駄にしない様に葉挿ししておきます。

後日成果がありましたら追記にて報告させて頂きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

千葉遠征 グランカクタスガーデン

どうも栽培男です。

サボテンオークション日本さんの温室を見学した後、同じく千葉県にある念願のグランカクタスさんに行って来ました。



噂には聞いてましたが、ハオルチアだけでこの数です‼︎
いろいろ凄かったのですがテンション上がり過ぎて温室の写真はこれだけしか撮ってなかったので戦利品だけアップします。


Haworthia variegata v. modesta variegata

モデスタ錦です。とても綺麗な斑回りで、割と安価だったので即決しました。

学名にバリエガタが2回出てくるのがややこしいですね!


Haworthia.marumiana

めちゃくちゃ窓が好みのマルミアーナ!詳細なデータが無いのが残念です。

マルミアーナはこれで2株目になります。


Haworthia.marumiana

ちなみに1株目のマルミアーナは以前ヤフオクで落とした物で、白肌ぽく窓は殆ど目立たないタイプです。

ハオルチアの原種もかなり個体差が大きいので、コレクション性があって面白いですね。

今回は時間が無くてグランカクタスさんではゆっくり見る事が出来なかったのですが、かなり良かったのでまた行きたいと思います!

ブログランキング・にほんブログ村へ

多肉植物(ハオルチア)の輸入。

どうも栽培男です。

ハオルチアの交配用に斑入りのものを集めたいのですが、最近の多肉植物ブームでヤフオクでも即売会などのイベントでも手軽に買える価格では販売して頂けないですね!

そこで、思い切って個人輸入をやってみる事にしました。

輸入と言っても初心者なので、海外の業者に直接連絡をとって取り引きする訳ではなく、今回はeBayとゆう海外版ヤフオクみたいなプラットフォームを使って購入してみました。

eBayのアプリは簡単にAppstoreでダウンロードできます。また支払いはPayPal とゆう機関を通して払うのですが、PayPalに関してもアプリ化されており簡単にAPPstoreでダウンロードできます。

今回はまず、要領を掴む為にお試しで一つだけレツーサの斑入りを購入してみました。
特別レツーサが欲し買った訳では無かったのですが、出品者の良い評価の数が多かったのでその方の商品を選んでみました。




そして、注文して約一週間後、小さなダンボールがバンコクから届きました。



正面は僕の住所と、相手の住所が書かれており、他にも英語で書かれたシールが貼られております。

植物検疫証明書

箱の中にはこのような紙と商品が入っておりました。

和訳すると
Department of Agriculture→農務省
phytosanitary certificate→植物検疫証明書
とゆう事なので、

正式に植物検疫を通して認可を経て輸入された商品ですよ!とタイの農務省的な機関が証明しているとゆう事だと思います。

他にも住所や、配送手段、品種などが記載されています。

調べると輸入植物検疫の流れは

植物の輸入



輸入植物の検査申請



輸入植物検査



通関


となっているそうで、海外から病害虫を入れない様にしっかりとした検査が義務付けられていいます。




Haworthia retusa variegatus(レツーサ錦)



届いた苗も写真通りで美しい苗が届きました。


サイズも良く、花芽が上がれば親木として即戦力です♪



斑回りも良くて仔株も付いてました♪


最後に送って頂いた方に受け取りの連絡と、評価をつけて取り引き終了です。

これで一通り輸入の流れは分かったので、割安で購入できそうな場合は今後もチャレンジしてみたいと思います!






ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチアの葉挿し

どうも栽培男です。

春に向けてハオルチアの植え替えをしているのですが、形が崩れたものや、大きくなり過ぎたものは葉を外して形を整えます。

そして、その外した葉を使って葉挿しを行いましたので、手法を載せたいと思います。



まずは葉を外すのですが、出来るだけ付け根から白い部分が残る様に綺麗に外します。付け根に押し付ける様に横に引っ張ると綺麗に外れます。

残念ながら綺麗に外れず途中から千切たりしたものは、一応ダコニールを塗りつけときます。

次に葉を乾かすのですが、乾かすと言っても僕の場合は机の上に放置するか、土の上に放置するだけです。

場所は風通しの良い暗い場所が良いと思います。

オブツーサだと1週間位、ピクタだと3週間位乾した方が腐りにくくて良いらしいですね。



最後にある程度の期間乾かした葉っぱを用土に挿して行きます。

この時、挿すと言っても余り深く挿すと仔株が出てこれないので浅く寝かす様に挿しましょう。

用土はバーミキュライトとか赤玉土とか栄養が入っていないものなら何でも良いと思います。



いろいろ挿して気づいたのですが、ミニプランターが沢山させるので便利です!用土は表面に赤玉芝目を使っています。

写真には写ってないですが、分からなくなるので必ずタグは挿しましょう。日付も入れると後から成長具合が分かりやすいですね。


ドドソン紫オブツーサ

2~3ヶ月位経つと根が出て来たり、発芽が早いものは芽を出し始めます。

殆どの葉は根が出て来ていますので水は切らさない様に乾いたら直ぐにやりましょう。


シルバーレイン

仔株が出た後、元の葉が腐り出したら直ぐに外しましょう。放置すると出てきた苗まで腐り始めます。

上のシルバーレインは昨年葉挿しした苗ですが元の葉は寒くなり室内に入れたタイミングで腐り始めて来たので外しました。

外すのが早かったので小さい苗は上手く育つか心配です。



葉挿しが成功すると非常に嬉しいのですが、確実に場所問題は深刻化していっております。

まだまだ欲しいハオルチアは一杯ありますし、これからも葉挿し、実生とやっていく事を考えると、そろそろ温室の作成を検討したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

Author:saibaiman
栽培男と申します。
熱帯植物、多肉植物などを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。

Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培男
yahooオークションID:tama0729katsu

おすすめ書籍
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター