ベゴニア・メラノブラータ 植え替え

どうも栽培マンです。

以前紹介した棘が特徴的なベゴニア・メラノブラータ(Begonia melanobulata)のその後です。

Begonia melanobulata

約5ヶ月経過しました。
ミズゴケ植えで湿度80%以上のかなり加湿した環境で育成してます。



経過は順調で、購入時に比べるとかなり新葉の棘の数が増えてきますが、現在使用している2.5号鉢から根っこが溢れ出てきたのでこれを期に鉢増しして用土に植え替えました。



用土はハオルチアに使ってる用土にベラボンなどを足したもので、水捌けが良く加湿した容器内でも蒸れにくいように意識して作っています。

植え替え直後は、根っこが定着していなので水を上手く吸い上げる事が出来ません。なので暗い場所に数日置く事で光合成を抑え、蒸散による自滅を防ぐ事が出来ます。

また、葉数も2枚まで減らし、蒸散による水切れを防ぎます。



この禍々しさが堪りません♪

この角度から観察すると棘の先端から毛が生えている事が分かると思いますが、他にもエッジの部分や茎からも毛が生えており、特に出始めの新葉はほぼ毛で覆われてす。



外した葉は葉挿しをして増殖を狙います。

お気に入りの植物はダコニール水溶液とメネデール水溶液に通した後に殺菌したビンにミズゴケを敷いて葉挿しを行います。



ダコニールは殺菌用に、メネデールは鉄分が入っており発根の促進効果があるのでとても重宝します。



こんな感じでお気に入りの植物の葉挿しは、瓶に入れて並べておくと見た目も良く、管理もし易いのでオススメです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

Begonia melanobullata (ベゴニア・メラノブラータ)は石灰岩地帯の植物?

どうも栽培男です。

メラノブラータ(Begonia melanobullata)という少し珍しいベゴニアを入手しました。

Begonia melanobullata

ベトナム北西と中国の国境付近に自生している希少種で、毛の生えた黒い棘が無数に生えてるのが特徴的な種類です。

ちなみにメラノブラータの意味は見た目から取っており、
melano →黒い bullata →円錐
です。



うちのはまだ幼株なので、やっと棘が出現し始めたとゆうところでしょうか、まだまだ本種の魅力は発揮されていないですね。

生育環境ですが、海外のサイトを翻訳すると、常緑広葉樹林の急な石灰岩斜面の湿った半日陰で育っているとの事です。

これは結構厄介で、現在はミズゴケで養生中なのですが、石灰岩地帯という事はアルカリ性に傾いた土壌だと思うので、もしかしたら酸性に傾くミズゴケは適していないかもしれません。

これは、メラノブラータが炭酸カルシウムなどを好んで石灰地帯に生育しているのか、それともただそういった環境を好んでいる訳ではなくアルカリ性に強い耐性を持っているだけなのかにもよりますが、前者の場合にはこの種を美しく、立派に育てるのに「石灰岩」がキーワードになってくるかもしれませんね。


出典:本:MIST LOVERS -Rainforest Plants-

ちなみに親株はこんな感じで、むちゃくちゃかっこいい(*´﹃`*)

Begonia feroxと見た目は酷似してますね。

色々と画像検索していると棘のサイズや密度に違いがあり、個体差が大きそうな感じがしますね。成長もゆっくりみたいなので、今後どの様に成長していくか非常に楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ベゴニア界の暗黒卿 darthvaderiana

どうも栽培男です。
遂にベゴニア界の暗黒卿ことダースベーデリアーナが動き出しました!

Begonia darthvaderiana (2016年11月)
昨年の11月にぽんぽこ村ベゴニアガーデンさんから購入したダースベーデリアーナです。
この漆黒の葉に白覆輪がなんともたまりません(*´﹃`*)
ボルネオ産のベゴニアで、因みにダースベーデリアーナと言う名前はその漆黒の見た目からスターウォーズのダースベイダー卿にちなんでいるそうです。
まだまだ、流通量も少なく増やすのも難しい種類みたいで、予約してから一年の歳月を経て我が家にやって来ました。
そんなベイダー卿が我が家に来てからまず始めにやった事、それは…

そう、カットです!
最初から1枚葉が傷んでいた事もあり、ロスト対策に思い切ってカットしました。
このベゴニアは特に細菌に弱い種類との事で、カッターを火で炙り、しっかり消毒した後に実行しております。

葉を2枚も外された下の方は新芽を残して頼りない感じ。
もともと植わっているミズゴケも汚れているので直ぐにでも交換したかったのですが、一気に環境が変わるとダメージが大きいので、うちの環境に少し馴染むまでは我慢し、毎日水通しをして菌がたまらないよう清潔にします。

ベゴニア ダースベーデリアーナ(2016年12月)
うちの環境に慣れて、少し葉が開き始めた時点でミズゴケを新しい物に取り替えました。
写真を撮り忘れましたが、ベイダー卿は根っこが赤いんです‼︎徹底して悪をイメージさせますよねw

Begonia darthvaderiana(2017年1月)
そして遂に2枚目の葉が出て来ました+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 
ここまでくれば安心でしょう。
最初にカットした葉挿しの方も枯れる事なく根が出て来ており、ひとまず順調です。
絶対ロストは避けたいので夏を迎える前に計画的に増やしたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

ベゴニア出品しました。

どうも栽培男です。

ベゴニアが増殖したのでヤフオクで出品致します。


Begonia sp. Halmahera 【LA0314-02】

ベゴニア・ハルマヘラの子株です。

これは柄が広がらないタイプで、少し珍しいと思います。

葉挿しで増やしました。




これは親株になります。




Begonia cf. lukuanaTK便

台湾の東眼山からやってきたベゴニアです。

葉挿しで増やしました。

ビロード状の葉が非常に上品で美しいです。


Begonia wyepingiana

マレー半島産のベゴニアです。

モケモケの葉に蛍光グリーンの葉脈が浮かび上がっていてめちゃくちゃカッコ良いです。

これは株分けにて増殖です。

他にもいろいろ出品しておりますので是非合わせて見て頂ければ幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ベゴニア・フルボビローサの仕立て直し

どうも栽培男です。

ベゴニア・フルボビローサが自重を支えれない位に伸びてしまったので仕立て直しをする事にしました。



ベゴニア・フルボビローサ(Begonia fulvovillosa)

こんな感じです。

前回載せた時よりかなり大きくなりました。

大きくなり過ぎてもう倒れそうなので、途中でカットします。


思いきってバッツんやったりました╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

一応葉っぱ2枚は残してます。

上手くいけばこのまま新しい芽がでるでしょう。




ベゴニア・フルボビローサ(Begonia fulvovillosa)

こちらがカットした上の方です。

この子は本当にお気に入りのベゴニアです。

今回はミズゴケを切らしていたのでうちで増やしていた生ミズゴケを使いました。



ベゴニア・フルボビローサ(2015年10月)

この頃に比べれるとかなり成長してますね。

最近はピンクも濃くなり、緑の部分もバッキバキになりました。

これからもVIP待遇で育ててもっと美しく仕上げます ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

Author:saibaiman
栽培マンと申します。
熱帯植物、多肉植物などを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。

Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培マン
yahooオークションID:tama0729katsu

おすすめ書籍
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ