ドリミオプシス・マクラータ錦(Drimiopsis maculata variegata)の植替え

どうも栽培男です。

だんだん春が近づき暖かい日が増えてきたので、夏型の球根植物達も徐々に動き始めました。

そんな中、2015年のBORDER BREAk3.0で芳明園さんで購入したドリミオプシス・マクラータ錦の鉢がパンパンになってったので植替え致しました。


ドリミオプシス・マクラータ錦(Drimiopsis maculata variegata)

ドリミオプシスはキジカクシ科の植物で、Cape bulb(ケープバルブ)と呼ばれる南アフリカ原産の植物です。

ちなみににCape bulb(ケープバルブ)とは南アフカのCape(ケープ地域)に自生しているbulb(球根)の総称で、特に見た目が奇妙な種類が多いです!

植替え前に写真を撮るのを忘れたので、写真は過去のものになります。



土をひっくり返すと出るわ出るわで、大小合わせて20球近く出てきましたw

ここまで増えると少し扱いに困りますね!
もし育ててみたい方がいらっしゃいましたらコメント覧にてご一報下さい。無料で差し上げますw

取り敢えず小さな球根はまとめて1鉢に集めて、後はバラして植え替えていきました。

ドリミオプシスなどの球根系の多肉植物は多肉植物の割にはかなり水が好きで、夏は直ぐ水切れを起こすので、現状作っているハオルチアの用土に多めに赤玉土を足した用土を使用します。

また、来年沢山分球してもらえる様に緩効性肥料も混ぜ込んでおき完成です。

後、Cape bulb(ケープバルブ)に興味がある方はこちらの書籍が是非オススメですよ!





SPECIES NURSERYの藤川史雄さんの著書で普通の園芸店では絶対出回ってない様な奇妙で不思議な植物が沢山掲載されています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

球根軍団第三陣‼︎

どうも栽培男です。

最近暑くなってきたので夏型球根の残りの奴らも動き出しました。


Drimiopsis purpurea

1番お気に入りのプルプレアです。
この高級感溢れるビロード葉がたまらんです!

花芽が上がってるので受粉させようかとも思ったのですが、バンバン分球して増やせるそうなので止めました。

多肉にしては水好きで、水捌けの良い用土なので2日に1回は水やりしてます。直射日光ガンガンです!


Resnova megaphylla

ドリミオと同じく球根系の多肉植物です。
これは完全に葉が開く前の状態で、完全に開くとマッソニアの様に地面に覆いかぶさる様に展開します。

銀葉に緑のドットでモケモケでめちゃくちゃカッコ良い葉っぱです。

去年は徒長気味でだらしない葉っぱになったので今年はしっかり日に当てようと思います。


Drimiopsis dolomiticus(Abel Erasmus pass,Limpopo Prov)

今年ヤフオクで落札したドロミテクスです。
葉っぱ1枚出てから全く動きがありませんw
柄は気に入ってるので頑張って貰いたいです。


Drimiopsis sp. Honeybird Creek

少し水玉が入る程度の地味目なドリミオプシスで、しいて言えば、茎から葉っぱに繋がる所の柄が渋いです。

他のドリミオプシスと同じで水ジャブジャブやって直射日光にガンガン当ててます。


Drimiopsis sp. スイカ(左)

昨年の12月に大阪で行われたBBの景品で頂いたドリミオプシスです。

もらった時はただの球根でどうなるかわからなかったのですが、最近芽が出ました。

ドリミオのスイカは以前から持ってたのですが、BBで貰ったのは艶々でビロード感なし!エッジのフリルは無く明るい緑!どうやらタイプが違うみたいです。

決定的な違いは前からウチにあるのは葉裏が赤で、BBのは緑なんです。

今後どうなってくか経過観察したいと思います!

ブログランキング・にほんブログ村へ

球根軍団‼︎第二陣も出てきました。

どうも栽培男です。

球根軍団の第ニ陣も出てきたので記録として載せていきたいと思います。


Ledebouria sp. (Barberton)

ハデな葉が多いレデボウリアの中でも更にド派手な葉っぱです。

昨年一球だけ買ったのですが、何個かに分球しているみたいで、色んなところから新芽が出てきてます。
昨年は少し日陰に置いている期間があり、あっとゆうまに徒長してしまったので、今年は直射日光上等で行きたいと思います。


Ledebouria galpinii

凹凸の激しい葉に艶がありめちゃくちゃかっこいいです。

こちらも1年で良く増えた気がするな~‼︎

焼くと紫と赤と緑が入り混じった様な色になりめっちゃ渋くなるんよね。


Drimiopsis sp. nova RSA strydfontein Nr.16596
通称スイカちゃん

このエッジの効いた葉っぱとビロード感がたまんね~っす(*´﹃`*)

ガルビニーと似た紫の可愛らしい花芽をつけてます。


Ledebouria socialis'paucifolia'

レデボウリア ソシアリスですが前回紹介したソシアリスとはタイプが違う'paucifolia'と言うタイプです。

良く見ると葉柄が全然違います。
銀葉な感じ?葉裏も紫っぽい!

ちなみに'paucifolia'とは少ないと言う意味らしいです。葉数が少ないってことかな?


Ledebouria socialis ‘Violacea’

ちなみにこちらが前回載せたタイプ違いのビオセオラです。

こちらのがざっくり言うと緑っぽいw

まあ、好みは分かれますがどちらも綺麗ですし、ホムセンとかでワンコイン以内で売っているのでめっちゃお買い得やと思います。


そして、第三陣の球根植物もスタンバっております。

楽しみな反面ただ枯れて出てきてないだけの可能性もありますので、この先ブログ等で第三陣について触れなければ察して下さいw




ブログランキング・にほんブログ村へ

夏型球根動き出しました。

どうも栽培男です。

だいぶ暖かくなってきたので夏型の球根軍団から新芽が出て来ました。


Drimiopsis maculata

ドット模様がトレードマークのドリミオプシス・マクラータです。

昨年は1球でしたが、3球に分球しております。

これは徒長するとカッコ悪いのでしっかり日光に当てて育てます。また、しっかり日光に当てないとドット柄も消えてしまうみたいです。


ちなみにドリミオプシス・マクラータの斑入りの方は冬の間寝ること無く冬越ししてしまいました。

今年は暖冬だったからかな?

このまま休まず夏に入って体力がもつのか心配です。


Ledebouria socialis

レデボウリア・ソシアリスも新芽が出てきました。

これはホームセンターで300円位で売られているのを買ってきたやつです。

見た目もカッコよくてよく増えるので、でかい鉢で群生させたいと思います。

同じ名前でタイプ違いも沢山あるのでコレクション性もありますね。


豹紋錦

これもレデボウリアで、ピンクの斑が入るタイプです。

こちらも落葉せず冬越ししちゃいました。
Drimiopsis sp.

これは今年買ったドリミオプシスです。

鶴仙園さんで購入したのですが、詳細は不明との事です。

ちらりと見える葉柄が素敵で、成長が楽しみな植物です ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

Author:saibaiman
栽培マンと申します。
熱帯植物、多肉植物などを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。

Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培マン
yahooオークションID:tama0729katsu

おすすめ書籍
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ