輪廻転生 斑の継承

どうも栽培マンです。

以前胴切りしたハオルチアのマリンですが、いい感じに斑の入った仔株が出てきました。

ハオルチア・マリン

どうでしょう!胴切りは初めてだったのでちゃんと斑入り個体が出てくるか心配でしたが、これは合格点ではないでしょうか?

これで胴切り2ヶ月後の写真です。
当然ですが、根っこがあるぶん葉挿しに比べると圧倒的スピードで成長中です。これはちょっと病みつきになりそうです(*´-`)

http://saibaiman1.blog.fc2.com/blog-entry-83.html
↑胴切りの仕方はこちら↑

ブログランキング・にほんブログ村へ

ガクナンと呼ばれるグッディエラ

どうも栽培マンです。

サンシャインのラン展で購入した千葉県産のミヤマウズラらしいグッディエラですが、どうやら調べたところガクナンと言われるものらしいです。


Goodyera sp.千葉県産【ガクナン】

ガクナンと呼ばれる様になったのは、学難→学者でも判別が難しいからとか、静岡の岳南地域で最初に見つかったからとか諸説あるみたいです。

こちらのグッディエラはミヤマウズラとシュスランの混生地でしか見られない為、2種の交雑種ではないかと言われており、斑の様な模様が広がって非常に美しい種です。



上の写真の様に先端に向けて急に葉が小さくなってしまっているのは、栄養不足や成長不良などではなく、止め葉と呼ばれるもので、この後花芽を伸ばしていく為の前段階です。

ちなみに花が咲き終わるとだいたいの種は脇芽を出して増殖します。

普段は花芽が上がったら直ぐにカットするのですが、今回は交配にチャレンジしたいと思ってるので開花が待ち遠しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

8月8日は葉っぱの日らしいですw

どうも栽培マンです。

今日は葉っぱの日という事で、面倒臭くて後回しにしていた葉挿し苗の鉢上げをやりました。

Primulina dryas Sunset Peak【TK050914】

プリムリナはイワタバコ科の植物なので葉挿しが成功しやすく、ガラス瓶で密閉して挿してたのですが、簡単に増殖する事ができました。

まだ小苗なので模様が出て来てませんが、プリムリナの仲間は割と綺麗な模様が出て来ます↓



成長すればこんな感じでシルバーの複雑な模様が入り、葉っぱも肉厚でモケモケなのでニッチな植物ですが大好きな子です。

Begonia quadrialata ssp. nimbaensis

この子はアフリカ産の原種ベゴニアですが、仔株が成長し過ぎてガラス蓋を押し上げて溢れ出て来てました。

ここまで放置すると草姿も悪くなるので良くないですね。ベゴニア類の葉挿しは簡単なのでついつい増やし過ぎて手入れが億劫になるんですよね^^;



こんな感じで2号鉢に鉢上げ♪

まだ植え替え直後の小苗で根も少ないので、葉っぱからの蒸散を防ぐ為に密閉して、暗い場所で管理したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

氷の世界とアイスキャンディー

どうも栽培マンです。

千葉のグランカクタスガーデンさんでハオルチアの氷の世界を購入してきました。

ハオルチア 氷の世界

ウィミー×スプレンデンスの交配です。

この透明度の高い窓に、残雪の様な白点がとても品があって美しいハオルチアです。

この「氷の世界は「雪化粧」の兄弟株らしいのですが、以前ビックバザールで購入したアイスキャンディーにもそっくりです。


ハオルチア アイスキャンディー

購入時の写真です。

窓の透明感や形、表現の感じが氷の世界に良く似ています。アイスキャンディーの方が白の割合が強い様です!
氷の世界と同じくスプレンデンスが掛かってるらしいのですが、詳細は不明です。


アイスキャンディー(2017年8月)

だいぶ成長して草姿が変化してきました。こう見るとアイスキャンディーもウィミーが入ってるのかな?

どちらも綺麗なハオルチアですので大切に育てていきたいと思います♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ベゴニア・メラノブラータ 植え替え

どうも栽培マンです。

以前紹介した棘が特徴的なベゴニア・メラノブラータ(Begonia melanobulata)のその後です。

Begonia melanobulata

約5ヶ月経過しました。
ミズゴケ植えで湿度80%以上のかなり加湿した環境で育成してます。



経過は順調で、購入時に比べるとかなり新葉の棘の数が増えてきますが、現在使用している2.5号鉢から根っこが溢れ出てきたのでこれを期に鉢増しして用土に植え替えました。



用土はハオルチアに使ってる用土にベラボンなどを足したもので、水捌けが良く加湿した容器内でも蒸れにくいように意識して作っています。

植え替え直後は、根っこが定着していなので水を上手く吸い上げる事が出来ません。なので暗い場所に数日置く事で光合成を抑え、蒸散による自滅を防ぐ事が出来ます。

また、葉数も2枚まで減らし、蒸散による水切れを防ぎます。



この禍々しさが堪りません♪

この角度から観察すると棘の先端から毛が生えている事が分かると思いますが、他にもエッジの部分や茎からも毛が生えており、特に出始めの新葉はほぼ毛で覆われてす。



外した葉は葉挿しをして増殖を狙います。

お気に入りの植物はダコニール水溶液とメネデール水溶液に通した後に殺菌したビンにミズゴケを敷いて葉挿しを行います。



ダコニールは殺菌用に、メネデールは鉄分が入っており発根の促進効果があるのでとても重宝します。



こんな感じでお気に入りの植物の葉挿しは、瓶に入れて並べておくと見た目も良く、管理もし易いのでオススメです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチア 2016年実生苗

どうも栽培マンです。

2016年からハオルチアの実生を初めて、ちょっとづつ苗が育ってきました。


ミラーボール×ブラックマジック

2016年の春に蒔いた種子で僕の初めての実生苗です♪

たまたま花芽のタイミングが合っただけの交配で、取り敢えず種ができたら何でもOKでした。

若干表現が出始めてますがミラーボールの要素が強そうです。

極小苗の時に植え替えをしてしまい、かなり愚図って成長が遅いです。


エメラルドLED×湖兎

2016年秋蒔きでエメラルドLEDの鮮やかな感じに湖兎の紫が入ったらかっこいいかなと思って掛け合わせました。

エメラルドLEDと同じく同期苗と比べて成長は早く、室内栽培でも湖兎の紫っぽい感じが出てるので楽しみな苗です♪


ミラーボール×グリーンウッディ
今の所は特徴があんまりないです。継続観察!

湖兎×宝草錦

これは宝草錦を使って斑入りの株を作りたかったのですが、無知故に宝草錦を雄として使用してしまった残念ちゃんな苗です。

斑入りを作りたいなら雌株として斑入り株を使用するのが正解らしいです(@_@)

今現在、レツーサ錦の花芽が上がって来ているので次は成功させます。



上の写真が2017年6月に蒔いた実生苗です♪
モザイクピクタの交配など面白そうなのが出来たのでめちゃくちゃ楽しみです。

でもInstagramなど他の上手な方の実生苗を見ると成長が早過ぎて驚いています。

この成長の差は肥料のせいなのか何なのか解明していきたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

BORDER BREAK 2017 Spring 戦利品

どうも栽培マンです。

大阪で行われた熱帯植物即売会、BORDER BREAK 2017 Springに行って来ました。

今回で4回目の参戦となるBBですが、今年もファーストパスが引けてお目当の物が購入出来たので戦利品を紹介したいと思います。

H.picta 09LO-3 LB50

Green Noteさんで購入したレッドブーツ交配のピクタ!こちらが今回1番の目当てでファーストパスを挿さして頂きました♪

このハオルチアはBB4.0でも展示していたLB75などの親苗らしいので、僕も交配に使いたくてウズウズしております!

H.tessellta.RIB0597(IB6406)Rooiberg Richtersveld

同じくGreen Noteさんで購入した原種のテッセラータ。まだ小さいので特に特徴は出てないです。

後、購入できませんでしたがGNさんのブースに置いてあった斑入りのテッセラータは圧巻の格好良さでした!

Schismatoglottis sp.“初霜錦” 

LAさんのブースで購入。めちゃくちゃ珍しい斑入りのスキスマトグロッティス!

結構な数出品してたのでレア感薄れてましたが、絶対買っとかないと損やと思い買っときました。原種の斑入りはなかなかお目にかかれる物では無いですからね!

Ardisia sp. LaoCai-E【R0517-01】

RIOさんのブースで購入。ベトナム北部産のアルディシア。僕はアルディシア、ラビシアに目が無いんですw

カントウカンアオイ(学名:Asarum nipponicum)

TKさんのブースで購入。カントウカンアオイやけどシルバー掛かってるし、マッドな感じが気に入って購入。

福建細辛(学名:Asarum fukienense)

同じくTKさんのブースで購入。

中国福建省のカンアオイで採りに行く物好きがいないとの事であまり出回って無いカンアオイだそうです。

花は小さく真下に向かって咲いており、地面に密着していたので写真は撮れませんでした。


以上、戦利品紹介でした~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチアの葉挿し その後

どうも栽培マンです。
前回葉挿ししたハオルチアの経過観察になります。

巨大赤線レンズオブツーサ×特大ブルーレンズオブツーサ
かなりの数仔吹いてます♪これは挿したやつ全て発芽しました。

白夢殿
ものすごいスピードで成長しておりますwこうゆう挿し方しちゃうと裏から生えてくるのが多いみたいです。

ベヌスタ
ベヌスタも元葉が枯れる前に出て来てくれました。1番大きなやつはしっかり毛も生えてベヌスタらしい表現が出始めてます。

玉扇錦
ちょこっと頭だけ出て来ました。斑が入るといいのですが…

去年挿したシルバーレインとグリーンウッディはかなりデカくなりました。
元葉は腐ってきたので全て外しております。

ドドソンオブツーサ
まあ順調!
オブツーサ系は葉挿しすると仔吹くのも早く成功率が高い気がします。
逆にスプレンデンス、ピクタ、コレクタなどは同じ時期に挿したのですが今のところ出て来る兆しがありません。
引き続き、経過観察していきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチアの胴切り初体験!

どうも栽培マンです。

最近初めてハオルチアの胴切りにチャレンジしたので、手順を載せたいと思います。

胴切りとは簡単に説明すると株を上下に切り分ける事で成長点を潰し、切断面から新しく仔株を吹かせる方法で、斑が消えてしまった個体や逆に斑が廻り過ぎた個体を作り直すのに有効な手法です。

ハオルチア・マリン

今回胴切りをしたのはこちらのマリンです。
写真で分かる通り、斑が廻り過ぎて葉緑体がほぼ無く、このままではいつか枯れてしまう状態です。

胴切りの手順はカクタス ニシさんのホームページを参考と言うか、ほぼ丸パクりしているのでぶっちゃけ詳しく見たい方はそちらを見た方が分かりやすいと思いますw

【準備する物】
・胴切りする個体
・園芸用のネームタグ(3枚)
・テグス
・ダコニール



①まずは用意した園芸用のネームタグをハサミで半分にカットします。



②次に先端の尖っているところを切り落とし、指で曲げて角度をつけます



③そしてそのタグを、上下の境目になる部分に挿していきます。

④切断にはテグスを使うのですが、先程挿したタグの部分にテグスをスライドさせてくるりと一周巻きながら中心部まで食い込ませます。



⑤後は、巻きつけたテグスを左右に引っ張ると「パスン」と綺麗に切断されます。

⑥最後に切り口にダコニールを塗ってオペ完了です。
これで、切断面から複数仔吹きしてくると思うので、少しでも斑が綺麗に入っている株が採れたら成功です。



そして、こちらは切断した上の方ですが、かろうじて葉緑素のある葉は無駄にしない様に葉挿ししておきます。

後日成果がありましたら追記にて報告させて頂きたいと思います。

続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ

コノフィツム、リトープスの実生

どうも栽培マンです。

友人が大量にコノフィツムやリトープスの種子を輸入するとの事で便乗させてもらいました。



どど~ん♪

コノフィツム、リトープスをメインにアドロミスクス、ブルビネ、ハオルチアの種子も入って全部で約40種類ほど届きました。

一袋あたり5粒~20粒種子が入っているのでなかなか蒔き始めるまで腰が重くて時間がかかりましたが、1週間くらい冷蔵庫で保管したあと種蒔き開始‼︎


(2017年3月20日)

用土はハオルチアに使っている用土を下層に、上層には赤玉の芝目を使ってます。

メセンの実生は初めてですので正解は分からないのですが、ハオルチアと同じ様に常室、腰水でいこうと思います。

ちなみに風が常に当たる室内です。



播種後10日でポチポチと発芽してきました‼︎



発芽率の良い鉢でこんな感じです。

土が硬いのか、根っこが地面に刺さらず草体が浮いてしまっているのが気になります。

色もなんか黄色い感じで弱々しいです。


(2017年4月20日)

1ヶ月経過すると遠目に見ても発芽しているのが分かると思います。

ちなみにやたらと徒長しているのは全てブルビネです。



この時点で発芽してない種はもうダメかな?1つしか出てきてない種は何とか生き残って貰いたい(^_^;)



コノフィツムの発芽率は割と高く、ブルゲリも問題なく成長しています。


(2017年5月20日)

2ヶ月経過!遠目には1ヶ月前とあんまり変化無しですね。



期待のブルゲリは何だかキラキラしてきました。



リトープスも形がらしくなってきてました♪



こんな感じで、ここまでは割と上手くいってるのですが、

夏場をどう乗り切るか?

腰水はいつまでやれば良いのか?

いつまでもリトープスもコノフィツムもアドロミスクスも同じ様な育て方で良いのか?

など、疑問が山積みです。そもそも春では無く、秋まで待って撒けば良かったのかな?

メセンの実生は初めてですので、実生した事ある方がいらっしゃいましたら是非アドバイスをお願い致します(>人<;)

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオフェス 2017

どうも栽培マンです。

今年も両国で行われたハオフェスに行ってきました。

昼頃に行ったので全ての展示品が見れた訳では無いのですが、素晴らしい品評苗ばかりだったので写真を撮らせて貰いました!


今回金賞を受賞したコンプト系交配のリトル・トゥインクル。

美しいドーム型でぶりぶりガラス窓に条理が入ってめっちゃ綺麗です。


ドーム型で素晴らしく形が良いハオルチア!


ぶっとい白線が窓に入ってめっちゃ綺麗なハオルチア!


黒くてかっこいい鳥城交配!


憧れの万象の天照!この窓がたまらん(*´﹃`*)


極上斑入りのピクタ錦!


超巨大なグロエネワルディー!

うちのグロエネもこんなにデカくなるんかな?


型がかっこいいオブツーサ交配種!


雪景色!


ダルマ葉でモザイクっぽいピクタ!

これらの素晴らしい苗は展示品の一部で、他にも斑入りのコーナーなどがあったのですが、業者さん?の撮影と時間が被ってしまって半分くらいは見る事ができませんでした。

即売会では2点購入!

玉扇 荒磯

このサイズで安かったので購入!

まだ荒磯の特徴的な紋は出てきて無いのでこれからが楽しみです。


玉扇 写楽

これも安かったので購入。

ハオルチア好きなら1つは欲しいやつですw

午後からは競りもあったのですが子連れで来ていたので早々に離脱し参加できませんでした。

来年は是非参加したいな。 ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

Author:saibaiman
栽培マンと申します。
熱帯植物、多肉植物などを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。

Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培マン
yahooオークションID:tama0729katsu

おすすめ書籍
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター